C4 CAE Consulting and Communications Company − 製造業の開発設計における広義の意味でのCAEに特化し、設計者が使えるCAEツールの選定から運用方法など、CAEを効果的に使うための支援をいたします。 C4 CAE Consulting and Communications Company English
HOME 会社概要 代表者挨拶 お知らせ お問い合わせ
Qfin Top : Qfin4の紹介Top : 解析事例 TOP

Qfin 4 ラインナップと動作環境

Qfin 4には3種類のエディションがあり,解析内容にあわせてお選びいただけます.
各エディション共に定常解析,非定常解析,パラメータトライアルが可能です. 価格はお問い合わせください.

Qfin 4 Basic (ヒートシンク解析向け)

Basicでは,ヒートシンクのモデリングに必要な以下の部品が利用可能です.

  • ヒートシンク
  • ヒートシンクブロック(ベース)
  • レイアウトグループ(フィン)
  • 発熱源
  • ファン
  • オープニング
  • ローカル境界(熱伝達率)
  • ダクト
  • プローブ(温度,流速表示用)
  • アセンブリー(部品構成階層化用)
Basicオブジェクト

Qfin 4 Standard (複雑ヒートシンク解析向け)

Standardでは,Basicで利用可能な部品に加え,以下の部品が利用可能です. また,Standard以上では最適化機能が利用可能です.

  • ヒートパイプ(直線)
  • ヒートパイプアセンブリー(L,U字型)
  • ICパッケージ(2熱抵抗モデル)
  • プレート
  • 切り欠き
Standardオブジェクト

Qfin 4 Advanced (簡易システム解析向け)

Basic,Standardで利用可能な部品に加え,電子機器のモデリングに必要な以下の部品が利用可能です.

  • ブロック
  • 流れ抵抗ブロック
  • グリル(通気孔)
  • PCB

Advancedオブジェクト

Qfin4 システム動作環境

QfinはWindows 32bitアプリケーションです.

    • OS: Windows 2000,XP,Vista上で動作します.
    • CPU: Intel Pentiumおよび互換CPU (高速なものを推奨)
    • メモリー: 512 MB以上(1GB以上を推奨)
    • HDD: インストール時空き容量150MB以上,プロジェクト毎に約50KB.
    • グラフィックス: OpenGL対応,解像度1024x768以上(1680x1050推奨),65,536色以上.

       

      pagetop