C4 CAE Consulting and Communications Company − 製造業の開発設計における広義の意味でのCAEに特化し、設計者が使えるCAEツールの選定から運用方法など、CAEを効果的に使うための支援をいたします。 C4 CAE Consulting and Communications Company English
HOME 会社概要 代表者挨拶 お知らせ お問い合わせ

代表者挨拶

現在設計者が使うCAEの多くは3DCADに統合されてきています。そのため操作が分からないという設計者が使うCAEツールはほとんど無くなってきたのではないでしょうか。しかし重要な点はいままでCAEの操作が難しくて使えなければ、設計者の方はCAEを自分では使わず、専門家の人に解析を依頼したり、全くCAEには頼らすに設計をされたことでしょう。それ故、CAEの結果評価の間違いで設計品質を落としてしまうようなことは無かったことでしょう。しかしこれからはCAEを簡単に使うことができるようになることで時には設計者が間違った結果を元に設計を進めて、後工程で問題が見つかり、設計変更に係わるコストが増大する可能性もでてくるのではないでしょうか。

この時代に必要なCAEにおける業務改革は、設計者の方が行う解析で間違った結果を出さない仕組み作りが重要だと考えます。C4では製造業での実務経験を持ちCAEに25年以上携ってきたエンジニアが設計者の方に正しくCAEを行っていただくために、お客様の会社にあったツールの選定から運用、お客様固有のトレーニングコースの設定までを支援させていただきます。